協力会員である株式会社QLifeが運営する[遺伝性疾患プラス]に「HAE患者さんの診断までの道のり」について記事が掲載されました

大阪大学の研究グループが実施した、HAEの患者さんが診断を付けられるまでの未診断期間の経験を詳しく調べたインタビュー調査について、協力会員である株式会社QLifeが運営する[遺伝性血管性プラス]に掲載されました。9名の患者さんの診断までの道のりが詳しく記載されております。当法人では疾患の認知度向上による早期診断を目指し、医療従事者・一般の方に向けた疾患啓発を引き続き行ってまいります。

大阪大学の調査はこちら 大阪大学 ResOU
株式会社QLife 

HAEの詳しい症状はこちらのサイトをご覧ください HAE info

TOP